クライアントコンピュータでユーザーが設定できる例外の種類の制限

クライアントコンピュータでユーザーがウイルスとスパイウェアのスキャンの例外や、SONAR の例外を作成できないように制限を設定できます。デフォルトでは、ユーザーは例外を設定できます。
クライアントコンピュータ上のユーザーは制限の設定に関係なく、改変対策の例外を作成できません。
ユーザーはまた、アプリケーション制御のためのファイル例外を作成できません。
  1. クライアントコンピュータでユーザーが設定できる例外の種類を制限するには
  2. [例外ポリシー]
    ページで、
    [クライアント制限]
    をクリックします。
  3. [クライアント制限]
    で、クライアントコンピュータのユーザーに設定させない例外のチェックマークをすべてはずします。
  4. このポリシーの設定を完了したら、
    [OK]
    をクリックします。