ファイアウォールルールのネットワークサービストリガについて

ネットワークサービスを利用することで、ネットワークに接続するコンピュータはメッセージの送受信、ファイルの共有、印刷を行うことができます。ネットワークサービスは 1 つ以上のプロトコルやポートを使って特定の種類のトラフィックを受け渡します。たとえば、HTTP サービスは TCP プロトコルのポート 80 と 443 を使います。管理者はネットワークサービスを許可または遮断するファイアウォールルールを作成できます。ネットワークサービストリガは記述するネットワークトラフィックに関して重要な 1 つ以上のネットワークプロトコルを識別します。
TCP ベースまたは UDP ベースのサービストリガを定義するときには、示されているネットワーク接続の両側でポートを識別します。通常、ポートはネットワーク接続の送信元または送信先と見なされています。
詳しい情報