ネットワークアダプタを通過するトラフィックの制御

ネットワークアダプタトリガを定義するとき、ルールは、指定されたアダプタが送受信するトラフィックにのみ適用されます。
カスタムネットワークアダプタはファイアウォールルールから追加できます。しかし、そのアダプタは共有リストには追加されません。また、カスタムアダプタには他のルールからはアクセスできません。
  1. ネットワークアダプタを通過するトラフィックを制御するには
  2. コンソールで、[ファイアウォールポリシー]を開きます。
  3. [ファイアウォールポリシー]
    ページの
    [Windows の設定]
    で、
    [ルール]
    をクリックします。
  4. [ルール]
    タブの
    [ルール]
    リストで、編集するルールを選択し、
    [アダプタ]
    フィールドを右クリックして、
    [その他のアダプタ]
    をクリックします。
  5. [ネットワークアダプタ]
    ダイアログボックスで、次のいずれかの処理を行います。
    任意のアダプタ(リストにない場合も含む)に対してルールをトリガするには
    [ルールをすべてのアダプタに適用する]
    をクリックし、続いてステップ 7 に進みます。
    選択したアダプタに対してルールをトリガするには
    [ルールを以下のアダプタに適用する]
    をクリックします。
    続いて、ルールをトリガする各アダプタの横にあるボックスにチェックマークを付けます。
  6. 選択したルールに対してのみカスタムアダプタを追加するには、次のタスクを実行します。
    • [追加]
      をクリックします。
    • [ネットワークアダプタ]
      ダイアログボックスで、アダプタの種類を選択して
      [アダプタ ID]
      テキストフィールドにアダプタのブランド名を入力します。
  7. [OK]
    をクリックします。
  8. [OK]
    をクリックします。
  9. [OK]
    をクリックします。