ネットワークコンピュータがメッセージ、ファイル、印刷を共有できるかどうかの制御

ネットワークサービスを利用することで、ネットワークに接続するコンピュータはメッセージの送受信、ファイルの共有、印刷を行うことができます。管理者はネットワークサービスを許可または遮断するファイアウォールルールを作成できます。
カスタムネットワークサービスはファイアウォールルールを通して追加できます。しかし、そのネットワークサービスはデフォルトリストには追加されません。また、カスタムサービスには他のルールからはアクセスできません。
  1. ネットワークコンピュータがメッセージ、ファイル、印刷を共有できるかどうかを制御するには
  2. コンソールで、[ファイアウォールポリシー]を開きます。
  3. [ファイアウォールポリシー]
    ページの
    [Windows の設定]
    または
    [Mac の設定]
    で、
    [ルール]
    をクリックします。
    バージョン 14.2 より前には、
    [Mac の設定]
    のオプションはありません。
  4. [ルール]
    タブの
    [ルール]
    リストで、編集するルールを選択し、
    [サービス]
    フィールドを右クリックして、
    [編集]
    をクリックします。
  5. [サービスリスト]
    ダイアログボックスで、ルールをトリガする各サービスの横のチェックボックスにチェックマークを付けます。
  6. 選択したルールに対してのみサービスを追加するには、
    [追加]
    をクリックします。
  7. [プロトコル]
    ダイアログボックスで、
    [プロトコル]
    ドロップダウンリストからプロトコルを選択します。
  8. 適切なフィールドに入力します。
  9. [OK]
    をクリックします。
  10. [OK]
    をクリックします。
  11. [OK]
    をクリックします。