コンピュータに対する外部からのステルス攻撃の防止

外部からの攻撃によってクライアントに関する情報が検出されないようにする設定を有効にできます。これらの設定はデフォルトで無効になっています。
これらのオプションを混合制御で設定するには、これらのオプションを
[クライアントユーザーインターフェース混合制御の設定]
ダイアログボックスでも有効にする必要があります。
これらのステルス設定は、Mac ファイアウォールには利用できません。
ファイアウォールは 14.2 以降の Mac クライアントに含まれています。
  1. コンピュータに対する外部からのステルス攻撃を防止するには
  2. コンソールで、[ファイアウォールポリシー]を開きます。
  3. [ファイアウォールポリシー]
    ページで、
    [保護とステルス]
    をクリックします。
  4. [ステルスの設定]
    の下で、有効にするオプションにチェックマークを付けます。
  5. [OK]
    をクリックします。
  6. メッセージが表示されたら、ポリシーを場所に割り当てます。