共有ポリシーの非共有ポリシーへの変換

共有ポリシーのコンテンツをコピーして、そのコンテンツから非共有ポリシーを作成できます。コピーを使うと、1 つの場所で共有ポリシーのコンテンツを変更できますが、その他のすべての場所では変更できません。コピーは既存の共有ポリシーを上書きします。
変換が完了すると、変換済みの新しい名前のポリシーが、
[場所固有のポリシーと設定]
に表示されます。ただし、非共有ポリシーは
[クライアント]
ページ >
[ポリシー]
タブから
[ポリシー]
ページにコピーしない限り、ポリシータイプについて
[ポリシー]
ページには表示されません。
  1. 共有ポリシーを非共有ポリシーに変換するには
  2. コンソールで、
    [クライアント]
    をクリックします。
  3. [クライアント]
    ページの
    [クライアント]
    で、変換するポリシーのグループを選択します。
  4. 前の手順で選択したグループに関連付けられたペインで、
    [ポリシー]
    タブをクリックします。
  5. [ポリシー]
    タブで、
    [ポリシーと設定を親グループ「
    グループ名
    」から継承する]
    のチェックマークをはずします。
    ポリシーを削除するグループの継承を無効にする必要があります。継承のチェックマークをはずさないと、ポリシーを置換することはできません。
  6. [場所固有のポリシーと設定]
    で、変換する特定のポリシーとそのポリシーのある場所の名前をスクロールして探します。
  7. 固有のポリシーの隣にある
    [タスク]
    をクリックしてから、
    [非共有ポリシーに変換]
    をクリックします。
  8. [概要]
    ダイアログボックスで、ポリシーの名前と説明を編集します。
  9. 必要に応じて他のポリシーの設定を修正します。
  10. [OK]
    をクリックします。