グループまたは場所からのポリシーの割り当て解除

ポリシーを完全に削除するか、または後で使うためにポリシーを保存する場合は、グループまたは場所からポリシーの割り当てを解除できます。
たとえば、新しいポリシーを導入した後に特定のグループに問題が生じることがあります。データベースにポリシーを残したい場合は、削除する代わりにポリシーを撤回できます。ポリシーを撤回すると、ポリシーを割り当てたグループと場所から自動的に撤回されます。ポリシーが使われている場所の番号は
[ポリシー]
ページの
ポリシーの種類
ポリシー]
ペインに表示されます。
ポリシーを削除する前に、すべてのグループと場所からポリシーを撤回するか、置き換える必要があります。
[ポリシー]
ページでは、次のポリシーを除き、場所やグループからすべてのポリシーを撤回できます。:
  • ウイルス対策とスパイウェア対策
  • LiveUpdate 設定
これらのポリシーは別の
[ウイルスとスパイウェアの対策ポリシー]
または
[LiveUpdate ポリシー]
との置換のみが可能です。
  1. [ポリシー]
    ページで共有ポリシーの割り当てを解除するには、コンソールで
    [ポリシー]
    をクリックします。
  2. [ポリシー]
    ページの
    [ポリシー]
    で、撤回するポリシーの種類をクリックします。
  3. ポリシーの種類
    ポリシー]
    ペインで、撤回する特定のポリシーをクリックします。
  4. [ポリシー]
    ページの
    [タスク]
    で、
    [ポリシーの撤回]
    をクリックします。
  5. [ポリシーの撤回]
    ダイアログボックスで、ポリシーを撤回するグループと場所にチェックマークを付けます。
  6. [撤回]
    をクリックします。
  7. グループと場所のポリシーを撤回することの確認を求めるメッセージが表示されたら、
    [はい]
    をクリックします。
  8. [クライアント]
    ページで共有ポリシーまたは非共有ポリシーの割り当てを解除するには、コンソールで
    [クライアント]
    をクリックします。
  9. [クライアント]
    ページの
    [クライアント]
    で、ポリシーを撤回する対象のグループを選択します。
  10. [ポリシー]
    タブで、
    [ポリシーと設定を親グループ「
    グループ名
    」から継承する]
    のチェックマークをはずします。
    ポリシーを削除するグループの継承を無効にする必要があります。継承のチェックマークをはずさないと、ポリシーを撤回することはできません。
  11. [場所固有のポリシーと設定]
    でスクロールして、ポリシーを撤回する場所の名前を検索します。
  12. 撤回する場所のポリシーを検索します。
  13. [タスク]
    をクリックし、
    [ポリシーの撤回]
    をクリックします。
  14. [ポリシーの撤回]
    ダイアログボックスで、
    [はい]
    をクリックします。