クライアントコンピュータでのスキャンの管理

一部のスキャンはデフォルトで実行されますが、設定を変更したり、独自の定時スキャンを設定したいことがあります。スキャンをカスタマイズし、クライアントコンピュータでどれだけの保護を提供するかを変更することもできます。
14 以降では、スキャンはクラウドの完全な定義セットにアクセスします。
クライアントコンピュータのスキャンの変更
タスク
説明
スキャンの種類と標準設定を確認する
スキャンの設定を確認します。デフォルトを確認して、変更を加えるかどうかを判断できます。
定時スキャンを作成してオンデマンドスキャンを実行する
定時スキャンとオンデマンドスキャンを使って、Auto-Protect が提供する保護を補うことができます。Auto-Protect は、ファイルを読み書きするときの保護を提供します。定時スキャンとオンデマンドスキャンは、クライアントコンピュータに存在する任意のファイルをスキャンできます。また、メモリ、ロードポイント、クライアントコンピュータの他の重要な場所を保護することもできます。
定時スキャンの設定はテンプレートとして保存できます。スキャンテンプレートを使うと、複数のポリシーを設定するときに時間を節約できます。テンプレートとして保存した任意のスキャンを、異なるポリシーの新しいスキャンのベースとして利用できます。
管理下クライアントに対し、
Symantec Endpoint Protection
は、クライアントコンピュータ上のすべてのファイル、フォルダ、場所をスキャンするデフォルト定時スキャンを提供します。
環境のスキャン設定をカスタマイズする
管理者定義のスキャンのオプションに加えて、Auto-Protect の設定をカスタマイズできます。誤認検出の処理、コンピュータやスキャンパフォーマンスの最適化、スキャン処理や通知の変更を行うために、スキャンの設定を変更したいことがあります。
定時スキャンについては、未実行のスキャン、ランダム化されたスキャン、ネットワークドライブをスキャンするかどうかのオプションも設定できます。
スキャンを調整してクライアントコンピュータのパフォーマンスを改善する
デフォルトでは、
Symantec Endpoint Protection
はクライアントコンピュータのパフォーマンスへの影響を最小限にするのと同時に、高レベルのセキュリティを提供します。しかし、いくつかの設定を変更するとコンピュータのパフォーマンスをさらに最適化できます。最適化は仮想化された環境で重要です。
クライアントコンピュータのパフォーマンスを最適化するために設定を調整するときには、クライアントコンピュータで一部のセキュリティを低下させる場合があります。
スキャンを調整してクライアントコンピュータでの保護レベルを高める
デフォルトのスキャン設定では、高レベルの保護を提供するのと同時にクライアントコンピュータのパフォーマンスが最適化されます。しかし、保護のレベルを高めることができます。
ダウンロードインサイト検出を管理する
ダウンロードインサイトは、ユーザーが Web ブラウザ、テキストメッセージクライアント、その他のポータルを通してダウンロードを試みるファイルを検査します。ダウンロードインサイトは Symantec Insight からの評価情報を使って、ファイルに関する決定を下します。
SONAR を管理する
SONAR はクライアントコンピュータに対するプロアクティブ脅威防止の一部です。ただし、SONAR の設定はウイルスとスパイウェアの対策ポリシーの一部です。
スキャンの例外を設定する
安全だとわかっているファイルとアプリケーションの例外を作成できます。
いくつかのファイルとフォルダも、
Symantec Endpoint Protection
によって自動的に除外されます。
検疫にあるファイルを管理する
クライアントコンピュータで検疫されたファイルを監視し、削除できます。
検疫についての設定も指定できます。
クライアントが検出についての情報をシマンテック社に提出することを許可する
デフォルトでは、クライアントは検出についての情報をシマンテック社に送信します。提出をオフにすることも、クライアントが提出する情報の種類を選択することもできます。
シマンテック社は提出の送信を常にクライアントに許可することを推奨します。この情報はシマンテック社が脅威に対処するために役立ちます。
クライアントコンピュータに表示されるウイルスとスパイウェアの通知を管理する
クライアントコンピュータにウイルスとスパイウェアのイベントについての通知を表示するかどうかを指定できます。