Windows 8 コンピュータでの検出に対する
Symantec Endpoint Protection
の処理方式

Symantec Endpoint Protection
は、Windows 8 形式のユーザーインターフェースと、Windows 8 デスクトップの両方を保護します。ただし、Windows 8 形式のアプリケーションやファイルに関連した検出に対する処理は、他の検出に対する処理とは異なる方式で機能します。
Windows 8 形式のユーザーインターフェース上にホストされるアプリケーションは、オペレーティングシステムの他のプロセスから検疫されたコンテナ内で実装されます。
Symantec Endpoint Protection
は、Windows 8 形式アプリケーションまたはファイルに影響する検出に対し、クリーニングや検疫を行いません。これらのアプリケーションとファイルに関連する検出に対しては、
Symantec Endpoint Protection
は削除するか、ログに記録するのみです。
Windows 8 形式のアプリケーションとファイルに関連しない検出に対しては、
Symantec Endpoint Protection
は他の Windows オペレーティングシステムで通常行われるように、検疫して修復することが可能です。
ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーの処理を設定したり、レポートを実行する場合には、この違いを考慮してください。次のサイトを参照してください。