Linux コンピュータで実行する定時スキャンの設定

定時スキャンは、ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーの一部として設定します。
  1. Linux コンピュータで実行する定時スキャンを設定するには
  2. コンソールで、ウイルスとスパイウェアの対策ポリシーを開きます。
  3. [Linux の設定]
    で、
    [管理者定義のスキャン]
    をクリックします。
  4. [スキャン]
    タブの
    [定時スキャン]
    で、
    [追加]
    をクリックします。
  5. [定時スキャンの追加]
    ダイアログボックスで、
    [定時スキャンの追加]
    をクリックします。
  6. [定時スキャンの追加]
    ダイアログボックスの
    [スキャンの詳細]
    タブで、追加する定時スキャンの名前と説明を入力します。
  7. [フォルダの種類]
    で、
    [すべてのフォルダをスキャン]
    をクリックするかまたはスキャンするフォルダを指定します。
  8. [ファイルの種類]
    で、
    [すべてのファイルをスキャンする]
    または
    [選択した拡張子のみをスキャンする]
    をクリックします。
    14.3 RU1 以降、
    [選択した拡張子のみをスキャンする]
    オプションは利用できません。
    [圧縮ファイル内部のファイルをスキャンする]
    オプションを無効にするか、またはコンテナファイル拡張子に特定の例外を作成しないと、定時スキャンはコンテナファイルを常にスキャンします。
  9. [追加オプション]
    で、
    [セキュリティリスクをスキャンする]
    にチェックマークを付けるか、またはチェックマークをはずします。
  10. [スケジュール]
    タブの
    [スキャンスケジュール]
    で、スキャンを実行する頻度と時刻を設定します。
    [未実行の定時スキャン]
    の再試行の設定は、
    [日単位]
    [週単位]
    [月単位]
    のどれを選択したかに応じて自動的に変化します。
  11. [未実行の定時スキャン]
    では、未実行のスキャンを実行するオプションを無効にするか、再試行間隔を変更できます。
  12. このスキャンをテンプレートとして保存する場合は、
    [複製を定時スキャンテンプレートとして保存する]
    にチェックマークを付けます。
  13. [OK]
    をクリックします。