処理を終了するルールの追加とテスト

Process Explorer は、開かれているまたはロードされている DLL プロセスと、そのプロセスが使っているリソースを表示するツールです。Process Explorer を使って処理を終了することもできます。ユーザーが Process Explorer を使って電卓アプリケーションを終了する場合、Process Explorer を終了するルールを追加できます。
  1. 処理を終了するルールを追加するには、アプリケーション制御ポリシーを開き、
    [アプリケーション制御]
    ペインで
    [追加]
    をクリックします。
  2. [アプリケーション制御ルールセット]
    ダイアログボックスの
    [ルール]
    リストで、
    [ルール] > [ルールの追加]
    をクリックします。
  3. [プロパティ]
    タブの
    [ルール名]
    テキストボックスに
    Terminates Process Explorer if Process Explorer tries to terminate calc.exe
    と入力します。
  4. [このルールを次のプロセスに適用する]
    の右側にある
    [追加]
    をクリックします。
  5. [プロセス定義の追加]
    ダイアログボックスの
    [照合するプロセス名]
    procexp.exe
    と入力し、
    [OK]
    をクリックします。
  6. [アプリケーション制御ルールセット]
    ダイアログボックスの
    [ルール]
    リストで、
    [追加] > [条件の追加] > [プロセス終了の試み]
    の順にクリックします。
  7. [プロパティ]
    タブの
    [説明]
    テキストボックスに
    dll stopped
    と入力します。
  8. [このルールを次のプロセスに適用する]
    の右側にある
    [追加]
    をクリックします。
  9. [プロセス定義の追加]
    ダイアログボックスの
    [照合するプロセス名]
    グループボックスのテキストボックスに
    calc.exe
    と入力し、
    [OK]
    をクリックします。
  10. [アプリケーション制御ルールセット]
    ダイアログボックスの
    [処理]
    タブで、
    [プロセスを終了]
    [ログ記録を有効にする]
    [ユーザーに通知]
    をクリックします。
  11. [ユーザーに通知]
    If you try to terminate the calc from procexp, procexp terminates
    と入力します。
  12. [OK]
    を 2 回クリックし、ポリシーをグループに割り当てます。
    ルールをテストします。
  13. 処理を終了するルールをテストするには、クライアントコンピュータで、以下の URL から Process Explorer の無償バージョンをダウンロードして実行します。
  14. Windows で電卓を開きます。
  15. Process Explorer を開きます。
  16. [Process Explorer]
    ウィンドウで
    calc.exe
    プロセスを右クリックし、
    [プロセスの強制終了]
    をクリックします。
    Process Explorer が終了します。