リモートプッシュを使った
Symantec Endpoint Protection
クライアントのインストール

リモートプッシュは IP アドレスまたはコンピュータ名を使って、指定したコンピュータにクライアントソフトウェアをプッシュ型で転送します。パッケージが対象コンピュータにコピーされると、パッケージが自動的にインストールされます。コンピュータユーザーはインストールを開始する必要がありません。また、管理者権限も不要です。
リモートプッシュは次のタスクで構成されます。
  • 既存のインストールパッケージを選択するか、新しいインストールパッケージを作成するか、または通信設定を更新するパッケージを作成します。
  • 新しいインストールパッケージの場合は、インストールパッケージを設定し、作成します。
  • ネットワークで
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    からパッケージを受け取るコンピュータを指定します。
    リモートプッシュは、IP 番号または範囲を指定した特定のコンピュータ、またはネットワークを参照すると表示されるすべてのコンピュータを検索します。
    [ネットワークの参照]
    タブで Mac クライアントにクライアントインストールパッケージをプッシュ型転送するには、
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    サーバーで Bonjour サービスをインストールする必要があります。次の記事を参照してください。
    Bonjour サービスは IPv6 ネットワークをサポートしません。IPv6 ネットワークのみ有効になっている Mac は、
    [ネットワークの参照]
    に表示できません。
    IPv6 ネットワークは 14.2 以降サポートされます。
  • つの Symantec Endpoint Protection Manager
    は指定したコンピュータにクライアントソフトウェアをプッシュします。
    パッケージが対象コンピュータに正常にコピーされるとインストールが自動的に開始します。
リモートプッシュを使って Linux クライアントをインストールすることはできません。
  1. リモートプッシュを使って
    Symantec Endpoint Protection
    クライアントをインストールするには
  2. コンソールで、
    クライアント配備ウィザード
    を起動します。
    [ヘルプ]、[始めましょう]ページ
    をクリックして
    [必須タスク]
    [コンピュータにクライアントソフトウェアをインストールします。]
    をクリックします。
    バージョン 12.1.x の場合は、
    [共通のタスク]
    メニューで
    [クライアントのインストール]
    をクリックします。
  3. クライアント配備ウィザード
    で、次のいずれかのタスクを実行します。
    • [新しいパッケージ配備]
      をクリックして新しいインストールパッケージを作成し、
      [次へ]
      をクリックします。
    • 前に作成されたパッケージを使う場合は
      [既存のパッケージ配備]
      をクリックし、
      [参照]
      をクリックしてインストールするパッケージを特定します。
      クライアント配備ウィザードでパッケージをアップロードし、
      [コンピュータの選択]
      パネル (ステップ 5) に移動します。
    • [通信の更新パッケージの配備]
      で、
      Symantec Endpoint Protection
      クライアントがすでにインストールされているコンピュータの Windows または Mac クライアント通信設定を更新するかどうかを選択します。画面の指示に従い、ステップ 4 に進みます。
      管理外クライアントを管理下クライアントに変換するには、このオプションを使います。
  4. 新規パッケージの場合は、
    [グループとインストール機能セットの選択]
    パネルで利用可能なオプションから選択を行います。このオプションはインストールパッケージのタイプによって異なります。
    [次へ]
    をクリックします。
    既存のセキュリティソフトウェアを Windows クライアントからアンインストールするには、クライアント配備ウィザードを開始する前に、カスタムのクライアントインストールの設定を行う必要があります。また、この機能を有効にするように設定された既存のクライアントインストールパッケージを使うこともできます。
  5. [リモートプッシュ]
    をクリックし、
    [次へ]
    をクリックします。
  6. [コンピュータの選択]
    パネルで、次のいずれかの方法を使ってソフトウェアを受け取るコンピュータを特定します。
    • ネットワークでコンピュータを参照するには、
      [ネットワークの参照]
      をクリックします。
    • IP アドレスまたはコンピュータ名でコンピュータを検索するには、
      [ネットワークの検索]
      をクリックして、
      [コンピュータの検索]
      をクリックします。
    タイムアウト値を設定して、サーバーが検索に費やす時間を制限できます。
  7. [> >]
    をクリックしてコンピュータをリストに追加し、ウィザードで要求された場合にはドメインまたはワークグループで認証します。
    リモートプッシュインストールには、システム特権が必要です。クライアントコンピュータが Active Directory ドメインの一部である場合は、ドメイン管理者アカウントを使ってください。
  8. [次へ]
    をクリックしてから
    [送信]
    をクリックして、選択したコンピュータにクライアントソフトウェアをプッシュ型転送します。
    [配備の概略]
    パネルに配備が成功したことが表示されると、インストールはクライアントコンピュータで自動的に開始します。
    インストールが完了するまでに数分かかります。
  9. [次へ]
    をクリックし、
    [完了]
    をクリックします。
  10. [クライアント]
    ページで、インストールされたクライアントの状態を確認します。
    新しい
    Symantec Endpoint Protection
    のインストールでは、クライアントコンピュータは自動的に再起動または管理者やユーザーが操作して再起動しないと
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    内部に表示されないことがあります。
クライアントインストールパッケージをリモートで Mac クライアントにインストールしたら、クライアントコンピュータでカーネル拡張が認証されていることを確認する必要があります。カーネル拡張の認証は
Symantec Endpoint Protection
が完全に機能するために必要で、リモートプッシュでは認証が必要な場合でも確認画面が表示されません。Mac で、
[セキュリティとプライバシー]
システム環境設定を確認し、
[許可する]
をクリックします。