クライアント上のコンテンツと定義を更新する方法

デフォルトでは、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
は公開 Symantec LiveUpdate サーバーからコンテンツ更新をダウンロードします。
Symantec Endpoint Protection
クライアントは次にこれらの更新を
つの Symantec Endpoint Protection Manager
からダウンロードします。コンテンツには、ウイルス定義、侵入防止シグネチャ、ホストインテグリティテンプレートなどが含まれています。
Symantec Endpoint Protection
クライアント上のコンテンツを更新する手順
タスク
説明
管理サーバーに LiveUpdate からの最新のコンテンツがあることを確認する(推奨)
デフォルトでは、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
のインストールの一環として LiveUpdate を実行します。次の場合には、LiveUpdate の手動実行が必要なこともあります。
  • インストール時に LiveUpdate をスキップした。
  • LiveUpdate を実行してホストインテグリティテンプレートと侵入防止シグネチャをダウンロードする必要があります。
  • 次回の定時更新の前に LiveUpdate を実行したい。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
のコンテンツを .jdb ファイルを使用してアップデートすることもできます。
また、複製を使用する場合は、ローカルサイトとパートナーサイト間でコンテンツとポリシーを複製できます。
クライアントコンピュータが更新を取得する方法を変更する (任意)
デフォルトでは、Windows クライアントコンピュータが管理サーバーからコンテンツ更新を取得します。他の配信方法には、GUP、社内の LiveUpdate サーバー、サードパーティツールによる配布があります。異なるクライアントプラットフォーム、多数のクライアント、ネットワーク制限事項をサポートするように配信方法を変更する必要があることもあります。
管理サーバーの LiveUpdate 設定を変更する(任意)
LiveUpdate セッションの頻度、ダウンロードした保護コンポーネントなどをカスタマイズできます。
ネットワーク過負荷を削減する(推奨)
管理サーバーがクライアントから完全な定義パッケージに対する大量の同時要求を受信すると、ネットワークが過負荷の状態になる場合があります。クライアントが完全定義をダウンロードしないようにするとネットワークの過負荷リスクを軽減できます。
パフォーマンスの向上(推奨)
ネットワーク帯域幅に対するダウンロードの影響を軽減するため、すべてのクライアントが更新を同時に取得しないようにコンテンツをランダムにダウンロードします。
クライアントコンピュータのパフォーマンスに対するダウンロードの影響を軽減するため、クライアントコンピュータがアイドルのときに、クライアントコンピュータにコンテンツ更新をダウンロードさせることができます。
エンドポイントユーザーに自身の更新を管理させる(任意)
デフォルトでは、クライアントコンピュータのユーザーは、いつでも LiveUpdate を実行できます。コンテンツ更新についてどれだけの制御をユーザーに付与するかを指定できます。
また、Intelligent Updater ファイルをクライアントコンピュータで使用して定義をアップデートできます。
シマンテック社がリリースする前にエンジンの更新をテストする (省略可能)
シマンテック社では四半期単位でエンジンの更新をリリースします。特定の Symantec LiveUpdate サーバーを使用して、リリース前にエンジンの更新をダウンロードできます。実働環境にコンテンツをロールアウトする前に、エンジンコンテンツをテストできます。