ユーザーが LiveUpdate に対して持つ制御権限の設定

出張するユーザーに、インターネット接続を使って Symantec LiveUpdate server から更新を直接取得することを許可したい場合があります。また、コンテンツダウンロードについて設定した LiveUpdate スケジュールの修正をユーザーに許可できます。
インストールパッケージが作成されたときに、管理外クライアントに LiveUpdate の設定ポリシーが割り当てられていた場合、ユーザーによるコンピュータの再起動後に、そのポリシーの設定はユーザーの変更よりも常に優先されます。コンピュータを再起動した後にユーザーが変更した LiveUpdate の設定を保つ管理外クライアントをインストールするには、インストールファイルからクライアントをインストールします。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
からエクスポートされたクライアントインストールパッケージは使わないでください。
  1. ユーザーが LiveUpdate に対して持つ制御権限を設定するには
  2. コンソールで、
    [ポリシー]
    をクリックします。
  3. [ポリシー]
    で、
    [LiveUpdate]
    をクリックします。
  4. [LiveUpdate の設定]
    タブで、目的のポリシーを右クリックして、
    [編集]
    をクリックします。
  5. [Windows の設定]
    の下で、
    [拡張設定]
    をクリックします。
  6. [ユーザー設定]
    ペインで、
    [ユーザーが手動で LiveUpdate を起動するのを許可する]
    にチェックマークを付けます。
  7. オプションで、
    [ユーザーに LiveUpdate スケジュールを修正を許可する]
    にチェックマークを付けます。
  8. [OK]
    をクリックします。