クライアントにコンテンツを配布するためのグループ更新プロバイダの使用

グループ更新プロバイダ (GUP) は、コンテンツ更新を他のクライアントに直接配布するクライアントコンピュータです。
GUP の利点は次のとおりです。
  • GUP に処理能力をオフロードすることによって帯域幅と管理サーバーのリソースを節約します。
  • ネットワーク接続が低速かつ制限された状態で、更新を効果的に配信します。
  • 社内の LiveUpdate サーバーよりも設定が容易です。
グループ更新プロバイダを使うためのタスク
手順
説明
ステップ 1: 設定できる GUP の種類の違いを理解する
単一、複数、クロスサブネットの GUP を設定できます。設定する GUP の種類は、ネットワークやそのネットワーク上のクライアントによって決まります。グループ更新プロバイダのそれぞれの種類は、相互に排他的ではありません。ポリシーごとに 1 つ以上の種類のグループ更新プロバイダを設定できます。
ステップ 2: クライアント通信を確認する
GUP を設定する前に、クライアントコンピュータがサーバーからコンテンツ更新を受信できることを確認します。クライアント/サーバーの通信の問題を解決します。
クライアントとサーバーの活動は、
[監視]
ページの
[ログ]
タブのシステムログで表示できます。
ステップ 3: 1 つ以上の LiveUpdate 設定ポリシーで GUP を設定する
GUP は LiveUpdate 設定ポリシーで設定します。
ステップ 4: グループに LiveUpdate 設定ポリシーを割り当てる
GUP を使うグループに LiveUpdate 設定ポリシーを割り当てます。GUP が存在するグループにもポリシーを割り当てます。
単一のグループ更新プロバイダについては、各サイトの各グループに 1 つの LiveUpdate 設定ポリシーを割り当てます。
複数の GUP と GUP の明示的リストについては、複数のサブネットにわたる複数のグループに 1 つの LiveUpdate 設定ポリシーを割り当てます。
ステップ 5: クライアントが GUP として指定されることを確認する
GUP として指定されるクライアントコンピュータを表示するには、次のタスクのいずれかを実行します。