Symantec Endpoint Protection
ライセンスに含まれるものは?

Symantec Endpoint Protection
ライセンス数は、次のルールに従ってエンフォースされます。
ライセンスのエンフォースメントルール
適用される箇所
ルール
ライセンスの期間
ライセンス期間は、アクティブ化した日時からライセンス期間の最終日の午前 0 時までです。
複数のサイトがある場合には、ライセンスは最も西の
つの Symantec Endpoint Protection Manager
データベースの有効期限の日時に期限切れになります。
Symantec Endpoint Protection
コンポーネント
Symantec Endpoint Protection
ライセンスは
Symantec Endpoint Protection
クライアントに適用されます。たとえば、コンピュータが 50 台あるネットワークでは、ライセンスは最低 50 の枠を提供する必要があります。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
のインスタンスはライセンスを必要としません。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
では、管理サーバーにアクセスするためにクライアントでライセンスを所有する必要はありません。管理サーバーに接続するライセンスのないクライアントにライセンスが付与されます。各クライアントコンピュータのために十分なライセンス枠を購入する必要があります。
サイトとドメイン
Symantec Endpoint Protection
製品ライセンスは、インストールを構成する複製されたサイトまたはドメインの数に関係なく、インストール全体に適用されます。たとえば、100 の枠のライセンスは、それぞれのサイトに 50 の枠がある 2 つのサイトのインストールに対応します。
複製を実装していない場合は、複数の
Symantec Endpoint Protection
管理サーバーに同じ .slf ファイルを配備できます。管理サーバーに対してレポートするクライアントの数は、ライセンス枠の総数を超えないようにする必要があります。
プラットフォーム
ライセンスの枠は、プラットフォームが Windows、Mac、Linux のいずれであるかにかかわらず、プラットフォームで実行しているクライアントに適用されます。
製品とバージョン
ライセンス枠は製品バージョンで均等に適用されます。
Microsoft SQL Server などのサードパーティのサーバーソフトウェアにアクセスするクライアントへのライセンス付与について詳しくは、ソフトウェアベンダーに問い合わせてください。