ディレクトリサーバーへの
つの Symantec Endpoint Protection Manager
の接続

コンピュータアカウントまたはユーザーアカウントが含まれる組織単位をインポートする前に、まず
つの Symantec Endpoint Protection Manager
を会社のディレクトリサーバーに接続する必要があります。
組織単位内のアカウントを管理サーバーで変更することはできません。ディレクトリサーバーでのみ変更できます。ただし、Active Directory サーバーと管理サーバー間でアカウントデータを同期できます。Active Directory サーバーで加えた変更は
つの Symantec Endpoint Protection Manager
で自動的に更新されます。Active Directory サーバー上で行った変更は管理サーバーにインポートされた組織単位にはすぐに反映されません。遅延時間は同期頻度によって異なります。接続を設定するときに、同期を有効化し、同期頻度を設定します。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
からディレクトリサーバー接続を削除する場合は、インポートした、その接続と関連付けられた組織単位をすべて削除する必要があります。その後でサーバー間でデータを同期できます。
同期は Active Directory サーバーのみで可能です。Symantec Endpoint Protection は LDAP サーバーとの同期をサポートしません。
  1. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    をディレクトリサーバーに接続するには
  2. コンソールで、
    [管理]
    >
    [サーバー]
    の順に選択します。
  3. [サーバー]
    [ローカルサイト]
    で、管理サーバーを選択します。
  4. [タスク]
    の下で、
    [サーバーのプロパティを編集する]
    をクリックします。
  5. [サーバープロパティ]
    ダイアログボックスの
    [ディレクトリサーバー]
    タブで、
    [追加]
    をクリックします。
  6. [ディレクトリサーバーの追加]
    ダイアログボックスで、ディレクトリサーバーの名前を入力します。
  7. [Active Directory]
    または
    [LDAP]
    にチェックマークを付け、IP アドレス、ホスト名、またはドメイン名を入力します。
    LDAP サーバーを追加する場合、デフォルト値と異なる LDAP サーバーのポート番号を使う場合は、ポート番号を変更します。
  8. 暗号化接続が必要な場合は、
    [信頼できる接続を使う]
    にチェックマークを付けます。
  9. [OK]
    をクリックします。
  10. [ディレクトリサーバー]
    タブで
    [ディレクトリサーバーと同期]
    にチェックマークを付け、
    [スケジュール]
    で同期スケジュールを設定します。
  11. [OK]
    をクリックします。