デフォルトの場所の変更

つの Symantec Endpoint Protection Manager
が最初にインストールされるときには、「デフォルト」という 1 つの場所のみがあります。その時点で、すべてのグループのデフォルトの場所は「デフォルト」です。すべてのグループにデフォルトの場所を設定する必要があります。新しいグループを作成するとき、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
コンソールは自動的にデフォルトの場所を「デフォルト」にします。
他の場所を追加した後にグループのデフォルトの場所にするために別の場所を指定できます。自宅や出張先のような場所をデフォルトの場所に指定することもできます。
グループのデフォルトの場所は、以下の場合に使います。
  • 複数の場所の 1 つが場所の基準に適合するが、前回の場所が基準に適合していない場合
  • 場所の認識を使っていて、基準に適合する場所がない場合
  • ポリシーで場所または場所の名前が変更され、新しいポリシーを受け取ったときにクライアントがデフォルトの場所に戻る場合
  1. デフォルトの場所を変更するには
  2. コンソールで、
    [クライアント]
    をクリックします。
  3. [クライアント]
    ページの
    [クライアント]
    で、別のデフォルトの場所を割り当てるグループをクリックします。
  4. [ポリシー]
    タブで、
    [ポリシーと設定を親グループ「
    グループ名
    」から継承する]
    のチェックマークをはずします。
  5. [タスク]
    で、
    [場所の管理]
    をクリックします。
  6. [場所の管理]
    ダイアログボックスの
    [場所]
    で、デフォルトの場所として指定する場所を選択します。
  7. [説明]
    で、
    [競合に備えてこの場所をデフォルトの場所として設定します]
    にチェックマークを付けます。
    グループに別の場所を割り当てるまで、常に「デフォルト」の場所がデフォルトの場所に設定されます。
  8. [OK]
    をクリックします。