コンピュータでの検疫ファイルの管理

検疫ファイルについて
デフォルトでは、
Symantec Endpoint Protection
は、ウイルスが検出されると感染ファイルからウイルスをクリーニングしようとします。ファイルをクリーニングできない場合は、コンピュータ上の検疫にファイルが置かれます。クライアントが感染ファイルを検疫に移動するときに、このファイルはクライアントによって暗号化されます。ファイルは暗号化されているため、検疫ファイルにはアクセスできません。検疫に置かれたファイルは、同じコンピュータ上の他のファイルや、ネットワーク内の他のコンピュータには感染しません。ただし、検疫ではリスクのクリーニングは行われません。クライアントによりリスクがクリーニングされるかファイルが削除されるまで、リスクはコンピュータ上に残ります。
コンピュータを新しいウイルス定義で更新した後、クライアントは検疫を自動的に再スキャンします。最新の定義を使うと、前に検疫されたファイルをクリーニングまたは修復できることがあります。
  • ほとんどのウイルスは検疫できません。ブートウイルスはコンピュータのブートセクタまたはパーティションテーブルに存在するため、検疫に移動できません。クライアントは、最新のウイルス定義セットでも除去できない未知のウイルスを検出することがあります。
  • セキュリティリスクの場合、感染ファイルは検疫に移動され、セキュリティリスクの副作用が修復されます。
  • ダウンロードインサイトと SONAR によってファイルが検疫されることもあります。
検疫にあるファイルの管理
検疫により、感染ファイルはコンピュータ上で処理されるため、ファイルは検疫に残すことができます。ただし、検疫のファイルに対して実行する方がよい場合がある処理があります。たとえば、ファイルが誤って検疫された場合は、そのファイルを検疫から復元できます。または、コンピュータの領域を節約する必要がある場合、検疫が自動的に内容を削除するまでの時間を減らすことができます。
検疫にあるファイルを管理するには
  1. クライアントのサイドバーで、
    [検疫の表示]
    をクリックします。
  2. [検疫の表示]
    ウィンドウで、検疫項目のリストのファイルを選択します。
  3. オプションの 1 つをクリックして画面の指示に従います。