クライアントが管理サーバーに接続され、保護されているかどうかの確認

クライアントをインストールした後、クライアントがオンラインで
つの Symantec Endpoint Protection Manager
に接続しているかどうかを確認します。コンソールとクライアントの両方で接続状態を確認できます。
  1. Symantec Endpoint Protection
    クライアントでクライアント管理サーバー接続を確認するには、クライアントコンピュータで、以下のいずれかのタスクを行います。
    • コンピュータのタスクバーで、クライアントシールドには緑色のドットが表示されます。
    • クライアントを開いて、[状態]画面を確認します。この画面には、
      [このコンピュータは保護されています。]
      というメッセージと緑色のチェックマークが表示されます。
    • クライアントを開いて、
      [ヘルプ]
      >
      [トラブルシューティング]
      をクリックします。
  2. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    でクライアント管理サーバーの接続を確認するには、コンソールで
    [クライアント]
    をクリックして、移動先グループを選択します。
  3. [クライアント]
    タブでは、接続されているクライアントは
    [名前]
    列に緑色のドット付きのアイコンが表示され、健全性状態が
    [オンライン]
    と表示されます。
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    から接続するクライアントの場合は、クラウドコンソールに正しいオンライン状態がすぐには表示されないことがあります。オンライン状態が変わってから 5 分から 10 分待ち、現在の状態が正確に反映されるかどうかを確認してください。
[クライアント]
>
[クライアント]
タブ >
[名前]
列の管理コンソールのクライアントの状態アイコン
アイコン
説明
クライアントソフトウェアのインストールが失敗した
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる健全性の状態が
    [オンライン]
    である
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できない健全性の状態が
    [オフライン]
    である
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントがコンソールから追加され、シマンテック製クライアントソフトウェアがインストールされていない可能性がある
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントは管理外検出になっている
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できない
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントは管理外検出になっている
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる
  • クライアントはユーザーモードを使っている
  • クライアントは Symantec Endpoint Protection Manager と通信できない
  • クライアントはユーザーモードを使っている
  • クライアントがコンソールから追加され、シマンテック製クライアントソフトウェアがインストールされていない可能性がある
  • クライアントは、別のサイトの Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントは、別のサイトの Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる
  • クライアントはコンピュータモードを使用している
  • クライアントは管理外検出になっている
  • クライアントは、別のサイトの Symantec Endpoint Protection Manager と通信できる
  • クライアントはユーザーモードを使っている