クライアントとサーバーの通信ファイル(Sylink.xml)の手動によるエクスポート

クライアントとサーバー間で通信が行われない場合は、通信を復元するために、クライアントコンピュータに Sylink.xml ファイルを置換する必要があることがあります。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
からグループごとに Sylink.xml ファイルを手動でエクスポートできます。
クライアントで Sylink.xml を置き換える最も一般的な理由には次のものがあります。
多数のクライアントを対象にクライアントとサーバーの通信を更新する必要がある場合は、この方法を使う代わりに通信の更新パッケージを配備します。
  1. コンソールで、
    [クライアント]
    をクリックします。
  2. [クライアント]
    で、クライアントが含まれるグループを選択します。
  3. グループを右クリックしてから、
    [通信設定のエクスポート]
    をクリックします。
  4. [<
    グループ名
    > の通信設定のエクスポート]
    ダイアログボックスで、
    [参照]
    をクリックします。
  5. [エクスポートファイルの選択]
    ダイアログボックスで .xml ファイルのエクスポート先のフォルダを検索してから、
    [OK]
    をクリックします。
  6. [優先ポリシーモード]
    で、
    [コンピュータモード]
    にチェックマークが付いていることを確認します。
  7. [エクスポート]
    をクリックします。
    ファイル名がすでに存在する場合、上書きするには
    [OK]
    、新しいファイル名のファイルを保存するには
    [キャンセル]
    をクリックします。
    変換を終えるためには、管理者またはユーザーはクライアントコンピュータに通信設定をインポートする必要があります。