Linux クライアントへのクライアントとサーバーの通信設定のインポート

(14.3 MP1 以前の場合)
管理外の
Symantec Endpoint Protection
for Linux クライアントをインストールした後で、管理下クライアントに変換して
つの Symantec Endpoint Protection Manager
でクライアントのポリシーと状態を一元管理できます。管理下クライアントは
つの Symantec Endpoint Protection Manager
と通信し、クライアントの状態やその他の情報を報告します。
以下の手順で、以前に孤立したクライアントを
つの Symantec Endpoint Protection Manager
と再接続することもできます。
この手順を実行するにはスーパーユーザーの権限が必要です。インポート手順で必要に応じて
sudo
を使ってこの権限に昇格します。
テキスト
path-to-sav
は、sav コマンドへのパスを表します。デフォルトのパスは /opt/Symantec/symantec_antivirus/ です。
クライアントとサーバーの通信設定ファイルを Linux クライアントにインポートするには
  1. ユーザーまたは
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    管理者は最初に
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    から通信設定をエクスポートして Linux コンピュータにコピーする必要があります。ファイル名が
    sylink.xml
    であることを確認します。
  2. Linux コンピュータでターミナルウィンドウを開いて次のコマンドを入力します。
    sudo
    path-to-sav
    /sav manage -i
    path-to-sylink
    /sylink.xml
    ここで、
    path-to-sylink
    は、
    sylink.xml
    をコピーしたパスを表します。
    たとえば、ユーザープロファイルのデスクトップにコピーした場合は次のように入力します。
    sudo
    path-to-sav
    /sav manage -i ~/Desktop/sylink.xml
  3. 正常にインポートされると OK が返されます。さらに管理状態を確認する場合は次のコマンドを入力すると、正常にインポートされたポリシーのシリアル番号が表示されます。
    path-to-sav
    /sav manage -p