サポート対象の仮想インストールと仮想化製品

仮想環境で実行するサポート対象のオペレーティングシステムに
Symantec Endpoint Protection
をインストールできます。
Symantec Endpoint Protection
は、ホストではなくゲストオペレーティングシステムにインストールします。
以下の仮想化製品は、
Symantec Endpoint Protection Manager
、コンソール、および Windows と Linux 用の
Symantec Endpoint Protection
クライアントソフトウェアをサポートします。
  • Microsoft Azure
  • Amazon WorkSpaces
  • Citrix Studio バージョン 2009.0.0
  • Nutanix AOS 5.15 (LTS)
  • VMware WS 5.0 (ワークステーション)以降
  • VMware GSX 3.2 (エンタープライズ)以降
  • VMware ESX 2.5(ワークステーション)以降
  • VMware ESXi 4.1 - 5.5
  • VMware ESXi 6.0
  • VMware ESXi 6.0 Update 1
  • VMware ESXi 6.0 Update 2
  • VMware ESXi 6.0 Update 3 (14.0.1 現在)
  • VMware ESXi 6.5 (14.0.1 現在)
  • VMware ESXi 6.5U1 (14.2 現在)
  • VMware ESXi 6.5U2 (14.2 現在)
  • VMware ESXi 6.7 (14.2 現在)
  • VMware ESXi 7.0 Update 2 (14.3 RU2 現在)
  • Microsoft Virtual Server 2005
  • Windows Server 2008 Hyper-V
  • Windows Server 2012 Hyper-V
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V (14.2 MP1 現在)
  • Windows Server 2019 Hyper-V Core Edition (14.2 MP1 現在)
  • Citrix XenServer 5.6 以降
  • Oracle が提供する VirtualBox
Symantec Endpoint Protection
には、仮想環境でのパフォーマンスを改善する多くの機能が含まれます。
詳細については、次を参照してください。
最新のシステム必要条件については、次を参照してください。