Symantec Endpoint Protection
のトラブルシューティング

Symantec Endpoint Protection の問題をトラブルシューティングする方法
トラブルシューティング可能な一般的な問題」では、
Symantec Endpoint Protection
をインストールしたり使っているときに起きる可能性のある一般的な問題を示します。
トラブルシューティング可能な一般的な問題
タスク
説明
インストールの問題の解決
Symantec Diagnostic Tool (SymDiag) をダウンロードして実行すると、インストールの準備ができているかコンピュータに確認できます。このツールはシマンテック社のサポート Web サイトから、管理サーバーとクライアントのヘルプを通じて提供されます。
ウイルスアウトブレークの処理
脅威によってネットワーク上のコンピュータが攻撃されるのを防ぐことができます。
クライアントコンピュータが脅威に攻撃された場合は、その脅威を識別して対処することができます。
コンテンツ更新の問題のトラブルシューティング
つの Symantec Endpoint Protection Manager
またはクライアントで最新のウイルス定義が正しく更新されない場合は、次の記事を参照してください。
通信問題の修正
Symantec Endpoint Protection
のすべてのコンポーネント間の通信チャネルが開いている必要があります。これらのチャネルには、サーバーからクライアントへのチャネル、サーバーからデータベースへのチャネル、サーバーとクライアントから LiveUpdate などのコンテンツ配信コンポーネントへのチャネルが含まれます。
ディザスタリカバリの実行
データベースが破損したりハードウェア障害が発生した場合でも、データベースのバックアップファイルがあれば、データベースの最新のスナップショットを復元できます。
データベースの領域の縮小
データベースのサイズが大きくなりすぎた場合は、データベースで利用可能な領域を増やすことができます。
レポートに関する問題のトラブルシューティング
レポートとログに関するさまざまな問題を解決できます。
複製に関する問題のトラブルシューティング