つの Symantec Endpoint Protection Manager
からの Power Eraser の分析の開始;

単一コンピュータまたはコンピュータのグループ上の永続的な脅威を分析して検出するために Power Eraser を実行できます。次のサイトを参照してください。
Power Eraser が潜在的なリスクを検出した後、リスクを表示し、どのリスクが脅威であるか判断します。Power Eraser はリスクを自動修復しません。脅威と判断したリスクを修復するには手動で Power Eraser を実行する必要があります。また他の保護機能が検出する特定の脅威に対しても Power Eraser を実行できます。Power Eraser は検出と関連付けされているコンピュータで実行します。次のサイトを参照してください。
Power Eraser をルートキットモードで実行して、再起動オプションのメッセージがクライアントコンピュータ上で表示されると、管理者またはユーザーが Power Eraser をキャンセルすることはできません。再起動後、ウイルス対策とスパイウェア対策ポリシーによってユーザーによるスキャンのキャンセルが許可されると、ユーザーは Power Eraser をキャンセルできます。
  1. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    から Power Eraser の分析を開始する方法
  2. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    の[クライアント]ページから Power Eraser の分析を開始するには、
    [クライアント]
    ページで、
    [クライアント]
    タブで、分析するコンピュータを選択します。
    多数のコンピュータを選択すると、ネットワークのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  3. [タスク]
    で、
    [コンピュータでコマンドを実行する]
    をクリックし、次に
    [Power Eraser 分析の開始]
    をクリックします。
  4. [Power Eraser スキャンの種類の選択]
    ダイアログで、Power Eraser をルートキットモードで実行するかしないかを選択します。ルートキットモードの場合は、再起動オプションを設定できます。再起動オプションを設定し、ルートキットスキャンを実行するには管理者権限が必要です。
  5. [OK]
    をクリックします。
    Power Eraser が選択したコンピュータで実行します。
    [監視]
    ページの
    [コマンドの状態]
    タブでコマンドをキャンセルすることができます。
  6. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    の[コンピュータの状態]ログから Power Eraser の分析を開始するには、コンソールのサイドバーで、
    [監視]
    をクリックし、
    [ログ]
    タブを選択します。
  7. [ログの種類]
    リストボックスで
    [コンピュータ状態]
    ログを選択して、
    [ログの表示]
    をクリックします。
  8. Power Eraser を実行するコンピュータを選択し、
    [コマンド]
    ドロップダウンリストから
    [Power Eraser の分析の開始]
    を選択します。
    多数のコンピュータを選択すると、ネットワークのパフォーマンスが低下する可能性があります。
  9. [開始]
    をクリックします。
  10. [Power Eraser スキャンの種類の選択]
    ダイアログで、Power Eraser をルートキットモードで実行するかしないかを選択します。ルートキットモードの場合は、再起動オプションを設定できます。再起動オプションを設定し、ルートキットスキャンを実行するには管理者権限が必要です。
  11. [OK]
    をクリックします。
    Power Eraser が選択したコンピュータで実行します。
    [コマンドの状態]
    タブでコマンドをキャンセルすることができます。
  12. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    の[リスク]ログから Power Eraser の分析を開始するには、コンソールのサイドバーで、
    [監視]
    をクリックし、
    [ログ]
    タブを選択します。
  13. [ログの種類]
    リストボックスで
    [リスク]
    ログを選択して、
    [ログの表示]
    をクリックします。
  14. Power Eraser を実行する対象のリスクを選択します。
    [イベント処理]
    列に、 Power Eraser を実行するよう求める警告が表示される場合があります。
    ログのすべてのリスクに対して Power Eraser を実行できます。
  15. [処理]
    ドロップダウンまたは
    [処理]
    列から
    [Power Eraser の分析の開始]
    を選択します。
  16. [開始]
    をクリックします。
  17. [Power Eraser スキャンの種類の選択]
    ダイアログで、Power Eraser をルートキットモードで実行するかしないかを選択します。ルートキットモードの場合は、再起動オプションを設定できます。再起動オプションを設定し、ルートキットスキャンを実行するには管理者権限が必要です。
  18. [OK]
    をクリックします。
    Power Eraser は選択したリスクで感染しているコンピュータ上で実行します。
    [コマンドの状態]
    タブでコマンドをキャンセルすることができます。