管理サーバーのデータベースとの接続の検証

管理サーバーとデータベースが正しく通信していない場合があります。データベースが動作していることを確認してから、サーバーとデータベース間の接続をテストしてください。
データベース接続の検証
データベースの種類
以下の手順を実行します
Microsoft SQL Server Express データベース (14.3 RU1 以降)
  • SQL Server Express サービスが実行されており、sqlserver.exe プロセスが TCP ポート 2638 をリスンしていることを確認します。
  • ODBC 接続をテストします。
埋め込み Sybase データベース (14.3 MP1 以前)
  • Symantec Embedded Database サービスが動作しており、dbsrv9.exe プロセスが TCP ポート 2638 を応答準備していることを確認します。
  • ODBC 接続をテストします。
リモート Microsoft SQL Server データベース
  • Symantec Endpoint Protection Manager をインストールし設定したときに、名前付きインスタンスを指定したことを確認します。
  • SQL Server が動作し、正しく設定されていることを確認します。
  • 管理サーバーと SQL データベースとの間のネットワーク接続が正しいことを確認します。
  • ODBC 接続をテストします。
Microsoft SQL Server Express データベースとの通信を検証するには
  1. [スタート]
    メニューで、
    [Microsoft SQL Server 2017]
    を展開し、
    [SQL Server 2017 構成マネージャー]
    をクリックします。
  2. [SQL Server 構成マネージャー]
    ダイアログボックスで、
    [SQL Server ネットワークの構成]
    を展開し、
    [SQLEXPRESS のプロトコル]
    インスタンスを選択します。
    [TCP/IP]
    フィールドを
    [有効]
    に設定する必要があります。
  3. [TCP/IP]
    を右クリックして
    [プロパティ]
    をクリックします。
  4. [IP アドレス]タブで、
    [IPAll]
    カテゴリまで下にスクロールします。
    [TCP ポート]
    フィールドには、デフォルトでポート番号 2638 が表示されます。
埋め込みデータベースとの通信を検証するには
  1. 管理サーバーのコンピュータで、
    [スタート] > [コントロールパネル] > [管理ツール]
    を選択します。
  2. [管理ツール]
    ダイアログボックスで、
    [データソース (ODBC)]
    をダブルクリックします。
  3. [データ ソース (ODBC) アドミニストレータ]
    ダイアログボックスで、
    [システム DSN]
    をクリックします。
  4. [システム DSN]
    タブで、
    [SymantecEndpointSecurityDSN]
    をダブルクリックします。
  5. [ODBC]
    タブで、データ ソースの[名前]ドロップダウンリストが
    [SymantecEndpointSecurityDSN]
    になっていることを確認し、説明を入力します(省略可能)。
  6. [ログイン]
    をクリックします。
  7. [ログイン]
    タブの
    [ユーザーID]
    ボックスで、
    dba
    と入力します。
  8. [パスワード]
    テキストボックスに、データベースのパスワードを入力します。
    このパスワードは、管理サーバーをインストールしたときにデータベース用に入力したものです。
  9. [データベース]
    をクリックします。
  10. [データベース]
    タブの
    [サーバー名]
    テキストボックスで、次のように入力します。
    \\
    servername
    \
    instancename
    英語バージョンの
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使用する場合、デフォルトの
    sem5
    を入力します。それ以外の場合は、[サーバー名]テキストボックスを空白のままにします。
  11. [ODBC]
    タブで、
    [テスト接続]
    をクリックして、成功するかどうかを確認します。
  12. [OK]
    をクリックします。
  13. [OK]
    をクリックします。
Microsoft SQL Server データベースとの通信を検証するには
  1. 管理サーバーのコンピュータで、
    [スタート] > [コントロールパネル] > [管理ツール]
    を選択します。
  2. [管理ツール]
    ダイアログボックスで、
    [データソース (ODBC)]
    をダブルクリックします。
  3. [データ ソース (ODBC) アドミニストレータ]
    ダイアログボックスで、
    [システム DSN]
    をクリックします。
  4. [システム DSN]
    タブで、
    [SymantecEndpointSecurityDSN]
    をダブルクリックします。
  5. [サーバー]
    ドロップダウンリストで、正しいサーバーとインスタンスが選択されていることを確認します。
  6. [次へ]
    をクリックします。
  7. [ログイン ID]に、
    sa
    と入力します。
  8. [パスワード]
    テキストボックスに、データベースのパスワードを入力します。
    このパスワードは、管理サーバーをインストールしたときにデータベース用に入力したものです。
  9. [次へ]
    をクリックして、デフォルトのデータベースに
    sem5
    が選択されていることを確認します。
  10. [次へ]
    をクリックします。
  11. [完了]
    をクリックします。
  12. [データソースのテスト]
    をクリックして、次のような結果を探します。
    TESTS COMPLETED SUCCESSFULLY!