つの Symantec Endpoint Protection Manager
Symantec Endpoint Protection
クライアントの間の接続に関する問題のトラブルシューティング

クライアントとサーバー間の通信に問題がある場合は、ネットワークに問題がないことを最初に確認してください。また、Symantec Technical Support に問い合わせる前に、ネットワークの接続性もチェックしてください。
クライアントと管理サーバー間の通信を、複数の方法でテストできます。
管理サーバーとクライアント間の接続のチェック
チェック項目
解決策
クライアントを調べて、クライアントが管理サーバーに接続しているかどうか確認します。
クライアントと管理サーバー間の接続性をテストする
いくつかのタスクを実行して、クライアントと管理サーバーの間の接続性を確認できます。
管理サーバーが正しいサーバー証明書を使っていることを確認する
つの Symantec Endpoint Protection Manager
を再インストールした場合は、正しいサーバー証明書を適用しているかを調べます。管理サーバーで異なるサーバー証明書を使っていると、サーバーはコンテンツをダウンロードしますがクライアントはコンテンツを読み込めません。 管理サーバーが間違ったサーバー証明書を使っている場合は、証明書を更新する必要があります。
次のことを調べると、管理サーバーが間違ったサーバー証明書を使っているかを確認できます。
ネットワークに問題があるかどうかをチェックする
次の項目をチェックすることによって、ネットワークに問題がないことを確認します。
  • 最初に、クライアントと管理サーバー間の接続性をテストする。クライアントコンピュータが管理サーバーに ping または Telnet を実行できない場合、クライアントの DNS サービスを確認してください。
  • クライアントのルーティングパスを調べる
  • 管理サーバーにネットワークの問題がないことを確認する
  • Symantec Endpoint Protection ファイアウォール(またはサードパーティのファイアウォール)がネットワークの問題を引き起こしていないことをチェックする
クライアントのデバッグログをチェックする
クライアントのデバッグログを使って、クライアントに通信の問題があるかどうかを判断できます。
失われたクライアント通信を回復する
クライアントが管理サーバーとの通信を失った場合、通信ファイルを回復するためにツールを使うことができます。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
にログエラーまたは HTTP エラーコードが表示された場合は、「
つの Symantec Endpoint Protection Manager
の通信のトラブルシューティング
」という記事を参照してください。