Microsoft SQL Server データベースの FILESTREAM の有効化

このトピックでは、Microsoft SQL Server データベースの FILESTREAM を有効にする方法について説明します。
Microsoft SQL Server データベースでは、FILESTREAM という機能を使用して、データベースサイズを削減し、データベースのパフォーマンスを向上させることができます。
  • Microsoft SQL Server Express データベースの容量には 10 GB の制限があるので、FILESTREAM を有効にする必要があります。独自の SQL Server Express インスタンスをインストールする場合は、FILESTREAM を有効にする必要があります。
  • Microsoft SQL Server データベースでは FILESTREAM の有効化は必須ではありませんが、パフォーマンスを向上させるために推奨されます。ローカルの SQL Server データベースの場合は、管理サーバーのアップグレードおよびインストールウィザードで FILESTREAM を有効にできます。リモートの Microsoft SQL Server データベースの場合、SQL Server データベースがインストールされているコンピュータ上で FILESTREAM を手動で有効にします。
アップグレードウィザードまたは設定ウィザードを実行して以下のメッセージが表示されたら、
[はい]
をクリックして FILESTREAM を有効にします。
FILESTREAM 機能は、このリモート Microsoft SQL Server データベースで有効ではありません。
アップグレードまたはインストールし、FILESTREAM 機能を現時点で有効にしない場合は、
[いいえ]
をクリックします。
アップグレードする場合は、管理サーバーアップグレードウィザードが閉じます。FILESTREAM を有効にした後、アップグレードウィザードを再起動して管理サーバーのアップグレードを続行する必要があります。Symantec Endpoint Protection Manager コンピュータで、
..\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\bin\upgrade.bat
をクリックします。
FILESTREAM を手動で有効にするには
  1. [スタート]
    メニューで、
    [Microsoft SQL Server]
    を展開し、
    [SQL Server 構成マネージャー]
    をクリックします。
  2. サービスの
    [SQL Server 構成マネージャ]
    リストで、
    [SQL Server サービス]
    を選択し、FILESTREAM を有効化する SQL Server のインスタンスを見つけます。
  3. インスタンスを右クリックして
    [プロパティ]
    をクリックします。
  4. [SQL サーバープロパティ]
    ダイアログボックスで、
    [FILESTREAM]
    タブをクリックします。
  5. [Transact-SQL アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]
    を選択し、
    [ファイル I/O ストリーム アクセスに対して FILESTREAM を有効にする]
    ボックスにチェックマークを付けます。
  6. [適用] > [OK]
    の順にクリックします。
  7. SQL Server のインストールを選択し、
    [再起動]
    をクリックすることで、SQL Server データベースを再起動します。