デフォルトの Microsoft SQL Server Express データベースにアップグレードするためにより多くのディスク容量を使用できるようにする

Microsoft SQL Server Express データベースにアップグレードするために、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
コンピュータに少なくとも 10 GB の空きディスク容量がない場合は、次のメッセージが表示される場合があります。
アップグレードウィザードでは埋め込みデータベースを Microsoft SQL Server Express データベースにアップグレードすることはできません。宛先のドライブの空きディスク容量が十分ではないか、証明書の期限が切れているか、10 日以内に期限切れになります。少なくとも x の空きディスク容量があることと、証明書が最新であることを確認してください。
少なくとも 10 GB のディスク容量が使用可能でない限り、アップグレードプロセスを続行することはできません。ディスク容量を増やすには、以下の手順に従います。
ステップ 1: 未使用のファイルおよび一時ファイルの削除
Windows の一時ファイルは次の場所にあります。
  • C:\Windows\Temp
  • C:\Users\<username>\AppData\Local\Temp
ステップ 2: ごみ箱を空にする
ステップ 3: 追加の SEPM ファイルの削除
  1. 前のステップで十分なディスク容量が削減されない場合は、追加の SEPM ファイルを削除します。
    net stop semsrv
    コマンドを使用して、管理サーバーサービスを停止します。
  2. 以下の SEPM ファイルを別のディスクドライブに移動します。
    • ..\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\Inetpub\ClientPackages
    • ..\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\Inetpub\content
    • ..\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\data\backup
    • ..\Symantec\Symantec Endpoint Protection Manager\data\inbox
  3. 管理サーバーサービスを再起動します。
ステップ 4: データベースのバックアップ設定の変更
  • [保存するデータベースバックアップの世代数]
    オプションが 1 (デフォルト) に設定されていることを確認します。
  • [ログのバックアップ]
    はオフのままにします。
ステップ 5: Symantec Endpoint Protection Manager によって使用されないファイルを別のディスクドライブに移動します。
証明書の期限が切れている場合は、Symantec Endpoint Protection Manager と Microsoft SQL Server の間の暗号化通信の設定 を参照してください。