クライアントソフトウェアをアップグレードする方法の選択

複数の方法からクライアントをアップグレードできます。使う必要のある方法は、環境や目的によって異なります。たとえば、多数のクライアント、グループまたはコンピュータがあり、異なるバージョンのクライアントを実行している場合があるとします。
方法によっては最大 30 分かかります。したがって、ほとんどのユーザーがコンピュータにログオンしていないときにクライアントソフトウェアをアップグレードする必要があります。
クライアントソフトウェアをアップグレードする方法
方法
使うとき
使わないとき
自動更新(比較的に小規模な環境の場合に推奨)
  • クライアントの数が(5,000 以下など)比較的に少ない場合。
  • ユーザーの作業を中断しない時間に実行されるようにアップグレードをスケジュール設定する必要がある場合。
  • サードパーティアプリケーションではなく
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使ってクライアントインストールパッケージを配備する場合。
  • Linux クライアントではなく Windows または Mac クライアントをアップグレードする必要がある場合。
  • 単純なアップグレード方法を使う必要がある場合。
クライアントインストールパッケージをエクスポートします(大規模な環境に推奨)
  • つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使わずに手動でクライアントインストールパッケージを配備する場合。
  • つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使わずに既存のサードパーティ配備アプリケーションを使ってクライアントインストールパッケージを配備する場合。この方法を使うには、このインフラストラクチャがすでに適切に用意されている必要があります。
  • Windows クライアント、Mac クライアント、Linux クライアントをアップグレードする必要がある場合。
  • 通常は
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使ってクライアントを更新する場合。
クライアント配備ウィザード
  • クライアントの数が(250 未満など)比較的少ない場合。
  • サードパーティアプリケーションではなく
    つの Symantec Endpoint Protection Manager
    を使ってクライアントを配備する場合。
  • より単純なアップグレード方法を使う必要がある場合。
[新しいパッケージ配備]
を使います。
  • 大規模なネットワーク環境の場合。この方法は十分な拡張性を提供しないため。
[Broadcom ダウンロード管理]ページからクライアントインストールファイルをダウンロードします
  • 特定の事例において少数のクライアントを一度にアップグレードする場合。次に例を示します。
    • 古いバージョンのクライアントを伴う少数のコンピュータで問題が発生した場合、新しいバージョンによって問題が修正されます。
    • アップグレードするクライアントの数が比較的に少なく、管理サーバーをアップグレードしない場合。
  • Windows、Mac、Linux クライアントをアップグレードする必要がある場合。
  • つの Symantec Endpoint Protection Manager
    は使わずに、直接またはサードパーティ配備アプリケーションを使ってクライアントをコンピュータに配備する必要がある場合。
スタンドアロンの
[All Clients]
インストールファイルを[ダウンロード管理]ページからダウンロードします。
Symantec スタートガイドで、
[オンプレミスセキュリティ製品]
までスクロールします。
コンピュータのクライアントを既存の管理下クライアントでアップグレードする場合、クライアントの管理は維持されます。ただし、既存のクライアントを使わずに新しいコンピュータに配備する場合、この方法によって管理外クライアントのみがインストールされます。管理サーバーに接続するには、後でクライアントを管理下クライアントに変換する必要があります。