ライセンスを開放するための使われなくなった非永続的 VDI クライアントのパージ

使われなくなったクライアントは、時間の経過とともに
つの Symantec Endpoint Protection Manager
データベースに蓄積されることがあります。使われなくなったクライアントとは、
つの Symantec Endpoint Protection Manager
に 30 日間接続しなかったクライアントです。
つの Symantec Endpoint Protection Manager
は、デフォルトで 30 日ごとに、使われなくなったクライアントをパージします。
使われなくなった非永続的なクライアントがパージされるまで同じ日数を待機しないようにする場合は、これらのクライアント用に個別の間隔を設定できます。個別の間隔を設定しないと、オフラインの非永続的な仮想クライアントは、使われなくなった物理クライアントと同じ間隔でパージされます。
オンラインの非永続的なクライアントは、配備済みライセンス数に加算されますが、オフラインの非永続的なクライアントは加算されません。次のサイトを参照してください。
また、オフラインの非永続的なクライアントをフィルタ処理して、
[クライアント]
ページに表示されないようにできます。
  1. ライセンスを開放するために使われなくなった非永続的 VDI クライアントをパージするには
  2. つの Symantec Endpoint Protection Manager
    コンソールの
    [管理]
    ページで、
    [ドメイン]
    をクリックします。
  3. [ドメイン]
    ツリーで目的のドメインをクリックします。
  4. [タスク]
    の下で、
    [ドメインプロパティの編集]
    をクリックします。
  5. [ドメインプロパティの編集]>[全般]
    タブで、
    [一定期間にわたって接続しなかった非永続的な VDI クライアントを削除します]
    チェックボックスにチェックマークを付けて、
    [日]
    の値を必要な数に変更します。
    オフラインの非永続的な VDI クライアント用のオプションにアクセスするには、
    [一定期間にわたって接続しなかったクライアントを削除する]
    オプションにチェックマークを付ける必要があります。
  6. [OK]
    をクリックします。