非永続的な仮想デスクトップインフラストラクチャでの
Symantec Endpoint Protection
の使用

仮想環境で Symantec Endpoint Protection を設定できます。
非永続的な仮想デスクトップインフラストラクチャで
Symantec Endpoint Protection
を使用するためのタスク
手順
説明
手順 1: 基本イメージを設定します。
基本イメージで
Symantec Endpoint Protection
クライアントを設定して、非永続的な仮想クライアントであると示します。次のサイトを参照してください。
手順 2:
Symantec Endpoint Protection Manager
で、オフラインの非永続的 VDI クライアントに個別のパージ間隔を設定します。
Symantec Endpoint Protection Manager
では、指定した期間を超えてオフラインになっている非永続的な GVM クライアントは削除されます。この機能により、
Symantec Endpoint Protection Manager
での GVM の管理が容易になります。次のサイトを参照してください。