Symantec Endpoint Security
とは

Symantec Endpoint Security
は、オンプレミス
Symantec Endpoint Protection
の完全なクラウド管理バージョンで、エンドポイントへの攻撃方法を問わず、多層防御を提供して脅威を阻止します。
Symantec Endpoint Security
を管理するには
Symantec Integrated Cyber Defense Manager
(ICDm)を使用します。ICDm は、エンドポイント全体の脅威を可視化し、複数の技術を活用して組織のセキュリティ態勢を管理する統合クラウド コンソールです。
Symantec Endpoint Security
は、以下の機能を使用して、攻撃前、攻撃、侵害、攻撃後の攻撃フェーズ全体で、Windows、Mac、Linux、およびモバイル デバイスのセキュリティを確保します。
サブスクリプションに基づいた攻撃ライフサイクルのすべてのフェーズの保護
機能
Symantec Endpoint Protection
(オンプレミスのみ)
Symantec Endpoint Security
Enterprise
Symantec Endpoint Security
完了
詳しい説明を表示
管理
フルマネージド クラウド(SAAS)
オンプレミス管理(
Symantec Endpoint Protection
ハイブリッド(クラウドとオンプレミスの併用)
エージェントのオペレーティング システム
ワークステーション(Windows/Mac)
モバイル(iOS/Android)
サーバ(Windows/Linux)
攻撃前(攻撃防止)
マルウェア防止
脆弱性保護ポリシー
ホストインテグリティ
§
§
§まもなく利用可能
集中保護
Web トラフィック リダイレクト(PAC ファイル ベース)
完全トラフィック リダイレクト(VPN ベース)
セキュア接続(WiFi 評価)**
攻撃
侵害評価(Active Directory)
アプリケーション隔離とアプリケーション制御*
デバイス制御
侵害の防止
侵入防止
ファイアウォール
ディセプション*
Active Directory セキュリティ(TDAD)*+
自動管理ポリシー
侵害後(レスポンスと修復)*+
ターゲット攻撃分析 (Targeted Attack Analytics)
ビヘイビアの犯跡
脅威調査と迅速なレスポンス
Threat Hunter
アドオンには追加のライセンスが必要です。
* Windows ワークステーションでのみサポートされます
** Windows 10、S モードの Windows 10、iOS、Android デバイスでのみサポートされます
+ オンプレミス管理のみ。
Symantec Endpoint Protection
バージョン 14.1 以降のインストールが必要です。オンプレミスの配備と管理には、iOS、Android、または Windows 10 S モードは含まれません。
一部の機能は、Endpoint Defense Response (EDR)や Symantec Endpoint Threat Defense for Active Directory などの別々のオンプレミス製品として個別にインストールできます。オンプレミス バージョンは、
Symantec Endpoint Security
のサブスクリプションには含まれません。