管理外デバイスの登録

管理外デバイスが見つかった場合は、それらのデバイスを登録できます。
プッシュ登録は Windows デバイスでのみサポートされます。
検出されたデバイスを登録する前に、プッシュ登録を準備する必要があります。
ソフトウェア配備でデバイス検出を使用するためのビデオ チュートリアルについては、以下を参照してください。
  1. 管理外デバイスを登録する方法
  2. クラウド コンソールで、
    [デバイス] > [管理外デバイス]
    に移動します。
  3. 登録するデバイスを選択します。
  4. 登録を開始するには、
    [プッシュ登録]
    を選択します。
  5. クライアント インストール パッケージに追加する Symantec Agent の機能を選択します。
    以下の条件と制限事項が適用されます。
    • 機能のリストは、サブスクリプションによって異なる場合があります。
    • セキュア接続の機能は Windows 10 でのみサポートされます。
    プッシュ登録を使用すると、ユーザがログインしていないデバイスに Symantec Agent をプッシュできます。ただし、セキュア接続の機能は、ユーザがデバイスにログインして環境設定を行った後にのみインストールされます。複数のユーザが同じデバイスを使用している場合、これらの機能はユーザごとに別々にインストールされます。
  6. デフォルトでは、デバイスはデフォルト グループに登録されます。別のグループを選択するには、
    [変更]
    を選択します。
  7. 登録するデバイスの管理者資格情報を入力します。複数のデバイスを登録する場合は、複数の資格情報セットを入力できます。
    [別の資格情報のセットを追加します]
    をオンにして、必要な資格情報のセットをすべて登録するまで
    [次へ]
    をクリックします。
    モバイル デバイス管理で管理されるデバイスについては、ここで資格情報を追加する必要はありません。モバイル デバイス管理の設定で、適切な資格情報が提供されます。
  8. [登録の開始]
    をクリックします。
  9. [プッシュ登録の状態]
    を選択して、登録状態のレポートを確認します。