Integrated Cyber Defense Manager
での
Symantec Endpoint Security
ポリシーの使用

[ポリシー]ページの概要
[ポリシー]
ページには、ポリシーとポリシー グループの一覧が表示されます。また、
[ポリシー]
ページでポリシーまたはポリシー グループを作成できます。
[ポリシー]ページの概要
タブ
説明
ポリシー
[ポリシー]
タブには、クラウド コンソール ベースのデフォルト ポリシーと作成したポリシーが表示されます。
ポリシー名の隣の視覚的なインジケータは、新しいバージョンが利用可能であることを示します。最新のポリシー バージョンの新しいセキュリティ機能にアクセスするために、最新のポリシー バージョンを入手することを推奨します。
ポリシー グループ
ポリシー グループを作成します。各ポリシー グループに複数のポリシーを追加できます。追加する各ポリシーのポリシーの種類は一意です。
ポリシーの作成、適用、管理
クラウド コンソールが提供するデフォルト ポリシーに加えて、独自のポリシーを作成できます。

ポリシーを作成したら、デバイス グループにポリシーを適用します。
新しいポリシーを作成して適用する手順
ステップ
タスクへのリンク
1. デフォルト ポリシーの設定
Endpoint Security
にはデフォルト ポリシーが付属しています。初めて製品を設定するときに、
[エンドポイント]
>
[ポリシー]
ページでポリシーの設定を確認できます。
このページでは、異なるセキュリティ状況に対応する新しいポリシーを作成します。
2. デバイス グループへのポリシーの適用
クライアントが保護されるには、デバイス グループにポリシーを適用する必要があります。