RDP アプリケーションの設定

RDP アプリケーション テンプレートを設定して、RDP アクセスが有効で、Windows がホストするアプリケーションにアクセスします。 テンプレートをデバイスにアサインします。
capam32
HID_RDPApplicationsPanel
RDP アプリケーション テンプレートを設定して、RDP アクセスが有効で、Windows がホストするアプリケーションにアクセスします。 テンプレートをデバイスにアサインします。
以下の手順に従います。
  1. [サービス]
    -
    [RDP アプリケーション管理]
    を選択します。
  2. [追加]
    を選択して、以下の情報を入力します。
    • RDP アプリケーション名:
      RDP アプリケーション サーバに一意の名前(最大 255 文字)を指定します。
    • ローンチ パス:
      RDP アプリケーションのフル パスを入力します。このアプリケーションは、ユーザが接続した後で実行されます。 [ローンチ パス]フィールドでは、大文字と小文字が区別されるため注意してください。
      例:
      C:\Windows\System32\notepad.exe
      AWS URL を入力して、AWS 管理コンソールのホーム ページを指定することができます。 このトークンは、記録指定された Windows「jumpbox」上のブラウザのターゲット アドレスとして使用されます。
  3. [有効]
    を選択して、このアプリケーションを
    CA Privileged Access Manager
    デバイスで使用できるようにします。
  4. 必要に応じて、
    [ユーザに対して非表示]
    チェック ボックスをオンにして、アクセス ページに RDP アプリケーション リンクが表示されないようにします。
  5. 必要に応じて、
    [トランスペアレント ログイン]
    タブを選択して、
    [トランスペアレント ログイン]
    チェック ボックスをオンにします。 トランスペアレント ログインにより、ボールトされた認証情報をリモートの Windows サーバでホストされるアプリケーションに渡すことができます。 Windows シェルをバイパスする RDP アプリケーションへの直接リンクは禁止されています。 RDP セッションでのこのアプリケーションに対する、トランスペアレント ログイン認証情報処理(アプリケーション ターゲットへの自動ログイン)は、引き続き適用されます。
    [アプリケーション フィンガープリント]
    フィールドはオプションです。 学習ツールを使用する場合は、学習ツールを使用する際に取得される、アプリケーションの SHA-1 ダイジェストを指定します。 ユーザがアプリケーションにアクセスする際に、製品はこのダイジェスト値を使用します。
    トランスペアレント ログインの詳細については、「トランスペアレント ログインの設定」を参照してください。