サーバの設定

アプライアンス アクセスおよびライセンスの設定は、アプライアンス プラットフォームによって異なります。
capam32
HID_ConfigOverview
アプライアンス アクセスおよびライセンスの設定は、アプライアンス プラットフォームによって異なります。
  • ハードウェア
    : 事前に使用許諾されている物理アプライアンス。 設定情報については、「ハードウェア アプライアンスのデプロイ」を参照してください。
  • VMware OVA:
    VM を作成できるように、OVA を vCenter の場所にダウンロードするためのリンクがアカウント担当者によって提供されます。 インスタンスをアクティブ化するためのライセンスも提供されます。
  • AWS AMI
    : AWS アカウント内でインスタンスを作成できるように、権限と AMI の数字がアカウント担当者によって提供されます。 インスタンスをアクティブ化するためのライセンスも提供されます。
  • Azure VHD
    : VM を作成できるように、VHD を Azure の場所にダウンロードするためのリンクがアカウント担当者によって提供されます。 インスタンスをアクティブ化するためのライセンスも提供されます。
ネットワークのコンテキスト設定
  • ハードウェア
    : アプライアンスの前面パネルの左側にある LCD 表示を使用します。 「アプライアンスのネットワーク接続の設定」を参照してください。
  • VMware VM
    : VM の電源をオンにしたら、VMware コンソールを使用して、ハードウェア デバイスの LCD で提供されているのと同じコントロールにアクセスします。
クラスタ化された実装の場合、設定パネルのタイトル上の青い球体アイコンは、設定がすべてのクラスタ メンバにレプリケートされることを示します。
クラスタのプライマリ サイト上の青い球体アイコンを使用してこの設定の変更を設定します。これらは、セカンダリ サイトでは設定できません。
必要な設定
  • 日時 - NTP タイム サーバと同期するようにアプライアンスをセットアップします。
  • ライセンス - ターゲット デバイスおよび機能の使用に関して、アプライアンスのライセンスが取得されている必要があります。
  • セキュリティ - 証明書を提供します。PKI/CAC のセットアップ、CRL の指定、アプレットの署名、SAML の使用のアクティブ化、API アクセスのアクティブ化を任意で実行します。
オプションの設定