ソケット フィルタ リストのインポートまたはエクスポート

CSV ファイルを使用してソケット フィルタ リストを作成および管理するには、以下の手順に従います。
capam32
HID_ImportExportSocketFilters
CSV ファイルを使用してソケット フィルタ リストを作成および管理するには、以下の手順に従います。
CSV ファイルに重複するレコードが含まれている場合、重複する行の 1 つのみがインポートされ、その他の行は無視されます。 たとえば、CSV ファイルに以下の行が含まれている場合は、1 つの行がインポートされ、その他の行は無視されます。
Type List Name List Type IP Address Port
Socket Filter List whiteList white 1.2.3.4 80
Socket Filter List whiteList white 1.2.3.4 80
以下の手順に従います。
  1. [ポリシー]-[ポリシー フィルタ管理]
    に移動します。
    [ソケット フィルタ]
    リスト ページが表示されます。
  2. [ソケット フィルタ]
    タブで
    [インポート/エクスポート]
    ボタンを選択します。
    ソケット フィルタの[インポート/エクスポート]ウィンドウが表示されます。
  3. [サンプル ファイルのダウンロード]
    ボタンを選択して、サンプル ファイルを利用することができます。
  4. すべての列が必須フィールドです。
    1. タイプ:
      ソケット フィルタ リスト
    2. リスト名:
      このテキストは、[ソケット フィルタ]リスト ページの
      [名前]
      フィールドに入力されます。
    3. リスト タイプ:
      「ホワイト」または「ブラック」
      ユーザが使用できるソケット(IP アドレスとポートの組み合わせ)のリストであるホワイトリストには「ホワイト」を使用します。 その他のすべてのソケットは禁止されています。
      ユーザが使用できないソケットのリストであるブラックリストには「ブラック」を使用します。 その他のすべてのソケットは許可されています。
    4. IP アドレス
      IP アドレスには 1 つのアドレスまたはマスクを指定できます。 次のアドレスはどちらも有効です。
      192.168.1.14、192.168.1.14/24
    5. ポート
      1 つまたは複数のポート番号(カンマまたはスペースで区切る)、または 1 つのポート範囲を指定できます。 次のポートはすべて有効です(「、」は含みません)。
      5555、0-65535、5555 7777、*、21,22,23
  5. [ファイルの選択]
    ボタンを使用して、インポートする完成した CSV ファイルを選択し、
    [ソケット フィルタのインポート]
    を選択してアップロードします。
    これで、リストが有効になり、
    [ソケット フィルタ]
    リスト ページで検査または編集できるようになりました。
既存のソケット フィルタ リストに新しいソケット フィルタを追加するには、新規エントリのみが含まれる新しい CSV ファイルを新規作成してインポートします。
新しいソケット フィルタは、
PAM
の既存のリストに追加されます。 新しいエントリを追加した既存のソケット フィルタ CSV を再インポートしないでください。
最新のソケット フィルタ リストを控えとして保持するには、新しいエントリをインポートした後、完全なリストを CSV にエクスポートします。
ソケット フィルタのエクスポート
[ソケット フィルタのエクスポート]
ボタンを使用して、既存の SFL を CSV ファイルにエクスポートします。