グループのインポートおよびエクスポート

Internet Explorer(IE)でインポート/エクスポート機能を使用するには、セキュリティ設定を変更する必要がある場合があります。 必要な設定を確立するには、以下の設定を行ってください。
capam33
HID_ImportExportGroups
UI でグループを設定する代わりに、CSV ファイルを使用できます。 テンプレートは、
CA Privileged Access Manager
の読み取り可能なユーザ データ ファイルを作成するために提供されます。 テンプレートからファイルを作成し、フィールド要件に従って設定を入力します。 ユーザとグループでは同じテンプレートが使用されます。 同じ CSV ファイルを使用してユーザとグループをインポートできます。 ユーザ フィールドの詳細については、「サーバにログインできるユーザの識別」を参照してください。
ユーザとグループそれぞれに 1 つのファイルを作成するのではなく、ユーザとグループの両方をインポートするための 1 つの CSV ファイルを作成できます。
CSV ファイルからのグループの追加
CSV ファイルを使用する場合の Internet Explorer の要件
Internet Explorer(IE)でインポート/エクスポート機能を使用するには、セキュリティ設定を変更する必要がある場合があります。 必要な設定を確立するには、以下の設定を行ってください。
  1. IE ブラウザを開きます。
  2. ツール
    ]、[
    インターネット オプション
    ]を選択します。
  3. インターネット オプションのポップアップ ウィンドウで、[
    セキュリティ
    ]タブを選択します。
    1. スライダ ゾーンを選択します。
    2. [カスタム レベル]
      を選択します。 [
      ダウンロード
      ]までスクロールします。 [
      ファイルのダウンロード
      ]の[
      有効にする
      ]オプションを選択します。
  4. [OK]
    を選択して、変更を保存します。
CSV ファイルのインポート
ユーザをインポートするには、以下の手順に従います。
  1. ユーザ
    ]-[
    ユーザ グループの管理
    ]に移動します。
  2. [インポート/エクスポート]
    ボタンを選択します。
    [ユーザのインポート/エクスポート]ウィンドウが表示されます。
  3. [サンプル ファイルのダウンロード]を選択し、ファイルを保存します。
  4. ダウンロードしたテンプレートから CSV ファイルを作成します。
    CSV 形式
    • 見出し(最初の)行テキストを変更しないでください。
    • 新規グループ レコード:
      • 使用しないフィールドでは、最初の行のすべての見出しを保持しますが、データ セルは空白にします。
    • 既存のグループ レコードの更新:
      • 各ユーザ グループは、タイプ =「ユーザ グループ」という行レコードで表示されます。
      • ユーザ グループ レコードは、ファイルの先頭、すべてのユーザ レコードの前に表示されます。
      • 個別ユーザと同様に、[認証]オプションをユーザ グループに適用できます。
  5. [ユーザ グループのインポート/エクスポート]
    ウィンドウで、
    [ファイルの選択]
    を選択してファイルを選択し、
    [ユーザ(ユーザ グループ)のインポート]
    を選択します。
    ファイルの内容は、既存のユーザ データベースに追加されます。 現在のデータベースは新しい内容で置き換えられません。
  6. ユーザ
    ]-[
    ユーザ グループ管理
    ]に移動し、ユーザ リストを調べて、正常にインポートされていることを確認します。
ユーザのエクスポート
このボタンは、すべてのローカル、 RADIUS、SecurID、スマート カード/PKI ユーザの CSV ファイルを作成します。 ローカルユーザの場合、「
パスワード
」フィールドはマスク表示されます。
[ユーザ]ページと[ユーザ グループ]ページのどちらから CSV をエクスポートしても、ユーザとユーザ グループが含まれている同じデータが生成されます。