サポートされている環境

ここでは、
CA Privileged Access Manager
バージョン 3.3.x および 3.4.x でサポートされているプラットフォームについて説明します。
capam34x
2
概要
ここでは、
CA Privileged Access Manager
バージョン 3.3.x および 3.4.x でサポートされているプラットフォームについて説明します。
CA Privileged Access Manager
は、ハードウェアまたはソフトウェアベースのアプライアンスとして出荷されます。 どちらの場合も、オペレーティング システムおよびデータベースは、ソフトウェア パッケージに含まれています。 エンドポイント セッション管理、認証情報管理、および付属のエージェントについて、以下の表に示すプラットフォームがサポートされています。 これらのエージェント(A2A クライアント、ソケット フィルタ エージェント、または
PAM
ワークステーション クライアント)は、
CA Privileged Access Manager
の特定の機能に必要になります。
PAM
ワークステーション クライアントは、
PAM
への主要なアクセス方法です。 唯一のブラウザ オプションは Microsoft Internet Explorer 11 です。IE は NPAPI をサポートしている唯一のブラウザです。 IE 11 を使用する場合は、デスクトップに Java 8u- (
最新バージョン
)をインストールする必要があります。
セッション管理および認証情報管理のプラットフォーム サポート
オペレーティング システム プラットフォーム
v3.3.x
v3.4.x
CentOS 7.0
CentOS 7.2
Fedora™ 23
IBM® AIX 7.2
Microsoft® Windows 2008 R2
Microsoft® Windows 2012 R2
Microsoft® Windows 7
Microsoft® Windows 8.1
Microsoft® Windows 10
Microsoft® Windows 2016
Microsoft® Windows 2019
Oracle® Solaris 10
Oracle® Solaris 11
Red Hat® Enterprise Linux 6
Red Hat® Enterprise Linux 7
SuSE® Linux Enterprise Server 11 SP3
データベース(ターゲットアプリケーションとして)
v3.3.x
v3.4.x
IBM® DB2 v10.5
1
Microsoft® SQL Server 2008 R2
Microsoft® SQL Server 2012 R2
Microsoft® SQL Server 2014
Microsoft® SQL Server 2016
Microsoft® SQL Server 2017
Oracle® 11g
Oracle® 12c
Oracle® 18c
Oracle® MySQL 5.7
Oracle® MySQL 8.0
1
IBM® DB2 は OS 認証情報です。 UNIX コネクタを使用してください。 製品マニュアルを参照してください。
ネットワーク デバイス
2
v3.3.x
v3.4.x
Cisco™ ASA
Cisco™ IOS
Cisco™ TACACS+ サーバ
Palo Alto PAN サーバ 6
Palo Alto デバイス(レイヤ 3、オプション C 構成)
SSHv2 接続を使用している *nix オペレーティング システムを搭載したデバイス
2
ターゲット アプリケーションとして。 通常、ネットワーク デバイスは SSH プロトコルを使用してユーザ セッションを確立します。 UNIX コネクタを使用してください。 製品マニュアルを参照してください。
メインフレーム
3、4
v3.3.x
v3.4.x
CA ACF2™ r15
CA TopSecret® r15
3
CA LDAP for Mainframe System z が必要
4
トランスペアレント ログイン機能はメインフレームに対してサポートされていません
[ディレクトリ]
v3.3.x
v3.4.x
CA® Directory v12
Microsoft® Active Directory
5
Red Hat® Enterprise Linux 389
6
5
サポートされている Windows サーバ用
6
サポートされている Red Hat Enterprise Linux サーバにインストールされている場合
クラウド/仮想化プラットフォーム
v3.3.x
v3.4.x
Amazon Web Services™ 管理 Web コンソールへのアクセス
Microsoft® Office 365 管理コンソールへのアクセス
VMware® vCenter 5.x
VMware® vCenter 6.x
VMware® NSX for vSphere
Web/アプリケーション サーバ
v3.3.x
v3.4.x
Apache Tomcat 7
Apache Tomcat 8
IBM® Websphere
Oracle® Weblogic
CA Threat Analytics (PAM 用)
v3.3.x
v3.4.x
CA Threat Analytics (PAM 用) v2.0
CA Threat Analytics (PAM 用) v2.2
CA Threat Analytics (PAM 用) v 2.3
IT サービス管理システム
v3.3.x
v3.4.x
CA Service Desk Manager 14.1
CA Service Desk Manager 17.0
BMC Remedy 8.1
BMC Remedy 9.1
HP Service Manager 9.32
HP Service Manager 9.41
Salesforce Service Cloud (Winter 2015)
ServiceNow (Istanbul)
ServiceNow (Jakarta)
CA PAM ワークステーション クライアント
PAM
ワークステーション クライアント
PAM
ワークステーション クライアントを使用すると、お客様がインストールした Web ブラウザおよび Oracle Java エンジンを使用せずに、
CA Privileged Access Manager
にログインして、管理者およびエンド ユーザのアクティビティを実行できます。 このクライアントを使用すると、Java およびブラウザで
PAM
と互換性がある設定を維持する必要がなくなります。
PAM
接続アプレットを実行し、このクライアントを使用して、従来の
PAM
GUI に完全に代わる手段を提供できます。
このクライアントは従来の GUI のアクセスには影響しません。同じワークステーションから両方の方法を使用することができます。 ただし、2017 年 1 月 1 日の時点で、唯一のブラウザ オプションは Microsoft Internet Explorer 11 です。 IE は、アプレットに必須の NPAPI をサポートしている唯一のブラウザです。 IE 11 を使用する場合は、デスクトップに Java 8u- (
最新バージョン
)をインストールする必要があります。 (Oracle Java 7 はパブリック アップデートが終了しました。)
お使いのワークステーションの OS タイプと互換性があるクライアント バージョンをダウンロードして、
PAM
GUI のログイン ページのボタンからインストールできます。 組み込み JRE はクライアントと共にダウンロードされますが、
PAM
対応の JAR は実行時にダウンロードされます。
PAM
ワークステーション クライアント(エンドユーザ デスクトップのサポート)
v3.3.x
v3.4.x
Microsoft® Windows 7、8.1、10
Microsoft® Windows 2012 R2、2016
RHEL 7.3 x64
Apple macOS (El Capitan)
Apple macOS (Sierra)
Apple macOS (High Sierra)
Apple macOS (Mojave)
Apple macOS (Catalina)
3.3.3 のみ
PAM
Access Agent
PAM
Access Agent は、
PAM
クライアントに代わる軽量な Windows 版クライアントです。
PAM
Agent (エンドユーザ デスクトップのサポート)
v3.3.x
v3.4.x
Microsoft® Windows 10 64-bit
PAM
のモバイル サポート
CA Privileged Access Manager
では、モバイル デバイスが限定的にサポートされています。
PAM
のブラウザ ユーザ インターフェースは、モバイル デバイスでのパスワード表示リクエストおよびパスワードのチェックイン/チェックアウトの操作に対して最適化されています。
モバイル デバイス
オペレーティング システム
ブラウザ
v3.3.x
v3.4.x
iPhone X
iOS 11
Safari
iPhone 8
iOS 11
Safari
iPad Pro 12.9
iOS 11
Safari
iPad Pro 10.5
iOS 11
Safari
Samsung Galaxy 8
Android 7 (Nougat)
Chrome v.64.0.3282
Samsung Galaxy 7
Android 7 (Nougat)
Chrome v.64.0.3282
PAM 3.4.x では、Android の Chrome ブラウザおよび iOS の Safari ブラウザがサポートされています。
PAM
App2App クライアント
App2App 統合を使用すると、管理者はアプリケーション間のトランザクションに対する特権認証情報にアクセスするためのアプリケーションの権限を提供することができます。 App2App クライアントは、リクエスト元のアプリケーションが存在するリクエスト サーバにインストールされます。また、認証制御を維持するためのさまざまなセキュリティ チェックがあります。 複数のプログラミング言語およびスクリプト言語を使用できます(統合の詳細については、製品マニュアルを参照してください)。
PAM
App2App クライアント
v3.3.x
v3.4.x
AIX 6
AIX 7
Microsoft® Windows 2008 R2
Microsoft® Windows 2012 R2
Microsoft® Windows 2016
Microsoft® Windows 2019
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 7
Solaris 10
Solaris 11
PAM
App2App の言語
v3.3.x
v3.4.x
Java
C++
C
C#
PHP
Python
JavaScript
Perl
PowerShell
Korn シェル
C シェル
PAM
ソケット フィルタ エージェント
ソケット フィルタ エージェントは、エンドポイントにインストールされ、サーバ間の移動を防ぐのに使用されます(たとえば、管理者が別のサーバに「飛び移る」ことを禁止するなど)。
PAM
SFA クライアント
v3.3.x
v3.4.x
UNIX、Linux
AIX 6
AIX 7
Microsoft® Windows 2008 R2
Microsoft® Windows 2012 R2
Microsoft® Windows 2016
Microsoft® Windows 2019