アクセス用サービスのインポートまたはエクスポート

CSV ファイルをインポートしてサービスを作成または編集するには、以下を実行します。
capam33
HID_ImportExportServicesPanel
CA Privileged Access Manager
 管理者は、CSV ファイルを使用してサービスをインポート/エクスポートできます。 1 つのファイル内の 3 つのタイプのサービスを、それぞれのページでインポートできます。
  • TCP/UDP サービス
  • RDP アプリケーション
CSV ファイルをインポートしてサービスを作成または編集するには、以下を実行します。
  1. [サービス]
    を選択し、[TCP/UDP サービスの管理]または[RDP アプリケーションの管理]を選択します。
  2. [インポート/エクスポート]
    ボタンを選択します。
    [インポート/エクスポート]ウィンドウが表示されます。
  3. [サンプル ファイルのダウンロード]
    を選択して、編集するのに便利な場所にテンプレート ファイルを保存します。
  4. サンプルを新しいファイルにコピーし、スプレッドシート アプリケーションまたはテキスト エディタで開きます。
    Microsoft Excel
    では、
    RemotePort
    :
    LocalPort
    の表現で使用されることを意図した、コロンが埋め込まれたフィールドが誤って解釈されます。 セル E7 に含まれている「4.815972…」は、「23:5555」としてファイルに記載された元のプレーン テキスト CSV の内容を Excel が変換したものです。 Excel に調整を加えてファイルの設定を名前を付けて保存した場合でも、この現象はファイルの読み取りまたは書き込みにおいて残ります。
    回避方法
    1. 変換の発生を防ぐため、常にテキスト エディタ(メモ帳など)を使用する。
    2. ほとんどの編集で、最初に Excel を使用する。 編集の最後の段階で、ファイルをテキスト エディタで開き、変換されてしまったものを削除する。
      RemotePort
      :
      LocalPort
      などのコロンが埋め込まれた値をもったセルを再入力する。
  5. 目的の各サービスの項目を編集または追加し、そのファイルを保存します。 各フィールドの説明については、「サービスの CSV ファイル」を参照してください。
    最初の(ヘッダ)行は変更しないでください。
  6. [ファイルの選択]
    を選択して、保存した CSV ファイルを参照します。
  7. [Import Services (サービスのインポート)]
    を選択します。
既存のサービスの CSV ファイルをエクスポートするには、以下の手順に従います。
  1. [サービス]
    を選択し、[TCP/UDP サービスの管理]または[RDP アプリケーションの管理]を選択します。
  2. [インポート/エクスポート]
    ボタンを選択します。
    [インポート/エクスポート]ウィンドウが表示されます。
  3. [サービスのエクスポート]
    ボタンを選択して、CSV ファイルをエクスポートします。